♀32歳[109㎏>61㎏=48㎏]12年かけてダイエットして、体型と健康を向上させたよ![海外ビフォーアフター]

私の12年の軌跡

2001年:高校卒業したばかりの私。たぶん一番重かったとき

knub9pM

2001年 体重は量っていないけれど、たぶん108㎏くらい

qy0c5zh

2001年 今の自分の顔とはずいぶん違うからおどろくよ。

YubnYgF

2015年 64gk

lFmHF15

2015年 63㎏

SY8ZZYt

2015年 62㎏

hGd7dVa

これが自慢の体

CiDZ2nL

2015 これはダイエットとは関係ないけど、自慢の写真だから投稿するね。

私の11歳のハノーバー/クライズデール/サラブレッド。太っていたころより乗るのが楽!

UHIp8Iu

ダイエット方法について

[–]disarmTheFrog [S] 

私のダイエットの旅について:

小さいころはずっとこういわれていた。あなたは遺伝的に太りやすい体質なのよ。
私はぽっちゃりした内気な女の子で、食べることが大好きだった。でも、私はいつでもアクティブではあったんだ。栄養に関してあまりにも無関心だっただけ。そのころ私は、アイスクリームが質の良い蛋白源だっておもっていた。だから自転車やエクササイズのあとにはアイスクリームを食べていた。そんなことをやっていたら体重は増え続けるわけで、高校卒業の時には109㎏をヒットした。

大学二年生の時、家と大学の往復を徒歩に切り替えた。それだけで、おどろくことに7㎏体重を減らすことができた。このことが私にひらめきをもたらした。どういうことかというと、私の体重は、私の遺伝の犠牲者じゃないってこと。それでジャンクフードをやめて、ウォーキングをふやした。その結果さらに体重が落ち続けた。最初の一年半で36㎏落とすことができたよ。私のダイエットに徐々に運動を組み入れていった。

ダイエットやっていて気が付いたんだけど、運動って私にとってとても重要なの。運動は私にとっての精神安定剤だから。運動をすることで、自分の体のとらえ方を向上させるのにも役にたった。成長期に太っていた人って、「自分が嫌い」という考え方を変えることがとても困難なんだ。

有酸素運動をやることから初めて、すこしずつウェイトリフティングに鳴らしていったんだ。重いものを持ち上げることで、自分のことを「つよい」と感じられたし、自信もついた。

いまの私は生きてきた中で一番引き締まってる。いまどんなことをしているか紹介するよ。

私が働いているのは、とてもきれいなエリアにある職場で、私のデスクは小さなパーティションで区切られている。それで昼休みに6㎞のジョギングにでかけるんだ。これは週に3,4回ね。あとは、自転車に乗ったりだね。この夏、私はロードバイクのトレーニングを初めて、ウェイトリフティングを週2回、仕事帰りにやって、土日に2回、合わせて4回ね。足の日、背中の日、腕の日という形で、わけて鍛えている。週3回は馬にも乗ってる。

うちの会社は社員食堂がないので、健康的なお弁当を作るのがとても上手なんだ。タンパク質と繊維質を重視している。クエストバーは私のお気に入りよ。(ソイジョイみたいなプロテインバーのこと)ダイエットは食事がキーポイント。

ダイエット頑張ってきたけど、無傷では済まなかった。皮膚あまりが太ももとおなか回りにあるからね。

これまでの話を一言でいうと:

栄養を考えること、運動することによって、自分のなりたい自分の体になれたよ。

海外の反応

汗について

[–]mhartman327

汗はそれほどかかなかったの?
これって私だけかな。私10分も動くと汗ぐっしょりなんだけど。
でも昼休みに運動するっていいアイデアだと思う。
話は変わるけど、頑張ったねトピ主!

[–]frostfromfire

これ、私も悩みの種。昼休みにストリートとか公園とかジョギングしたいとおもっているけど、オフィスにもどるときにはグショグショになるとおもうからできない。社員の中で自転車通勤とか、ジョギングで通勤している人が汗だくで出勤することについて、衛生面で問題があるんじゃないかって一時話題になったことがあるから、やりづらい。

[–]ApeofBass

着替えをもっていけばいいんだよ。あと、水スプレーとタオル、あとはデオドラントかな。

[–]frostfromfire

髪が短い女の子や男の子はいいんだけど、ポニーテールくらいの長さでも、髪の奥のほうがぐっしょりで、シャワーから出てきたあとみたいになるよ。


https://www.reddit.com/r/progresspics/comments/3oz77u/f32_57_240ish_135_105_lbs_going_on_12_years_of/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする