【海外の泣ける話】私は17の時に息子を産んだ。昨日息子の先生から電話があったんだ。

98b42f28abaa397efabf397b5c18a71b_s

私の息子を進学クラスに入れると先生から連絡があった。

私は17歳の時に息子を産んだ。自分がどれだけ馬鹿だったかって、言われなくても分かってる。今は息子も6歳になって私は23歳になった。

親としては失格だった。なんどもひどい失敗をしてきた。「ベッドから息子が落ちちゃった。ひどいことしたな。」というレベルの失敗ではなくね。私の言っている意味は、金銭的な間違い、私が未熟なことによる間違いということ。私はぜんぜん良い親とは言えなかった。息子を産んだことを何度も後悔した。彼が本来受けとるはずだったものを与えることができなかった。ひどく貧乏だったんだ。少なくとも5分以上の遅刻を繰り返していた。出席日数の4分の1は遅刻だったと思う。私は腐っていて、でたらめな親だった。しかも私の家は自然災害に良く見舞われるエリアにあった。ほとんどホームレス同然だったんだ。私の未熟さんのせいでね。
でも一方でこうも言える。これらの後悔のおかげで、私はましな親になったということ。いろいろな失敗によって、私は自分自身がどのような人間かを見せつけられた。それはとても不安なことだったけれど、必要なことだったんだ。

私には、親として素敵な部分もたくさんあった。私は決して息子をぶたなかったし、怒鳴りつけるようなこともしなかった。いつも冷静で忍耐強かった。精神的に余裕を持てるように努力をしていたし、彼と話しをして、彼を理解しようと心がけていた。

彼の学校に関することについては私も出来るだけ関われるようにベストを尽くしたし、彼の教育については真剣だった。彼に対しては愛情をもって接していたし、彼のことを本当に愛していた。

すべての親は自分の子どものことを完璧だって思うと聞いたことがある。私はそうは思わなかったけれど、彼はとても優しく、おもいやりがあって、そして頭もよかった。最初に気がついた彼の成長は、論理的な根拠を必ず持ってくるようになったことだ。目先の欲に惑わされず、社会性を学び、自分より他人を優先し、行動、発言する前に考えるようになった。

昨日のこと、私の息子の先生から電話があった。息子はリーディング、スペリング、数学の分野について進学クラスに入ることになったと。彼の学年で求められている学力を超えていることがその理由。私はとても誇らしくて、電話口で声が震えてしまった。そして先生にありがとうと繰り返したんだ。電話を置いたあと、私は子どものように泣きじゃくった。理由は分からない。私はそんなにセンチメンタルな人間じゃない。だけど昨日は、私の自尊心と、「私は全てを間違っていたわけではない」という確信が私を圧倒したんだ。

私はいつも思い悩んでいた。私と息子はどこで何を間違ったのか。私たちは人間のくずなのか、必要の無い人間なのか。私は貧乏で若いママで、彼はそんなクズから産まれた子どもなんだ。こんな考えといつも向き合っていたんだ。

でも、彼は、私たちは、違ったんだ。彼は健康的で、仲間と同等の能力を持っていて、そして私はそんな彼を育て上げたんだ。全てが完璧だったわけではないけれど、それでOKなんだって、今はそう思えるんだ。

海外の反応

シングルママ

私のお母さんもシングルで、お母さんの実家に引っ越して、家を買うだけのお金を貯めたよ。そして私と妹の両方を進学クラスに入れることができた。私は本当にあなたのことを尊敬するわ。とても素敵なことよ。母親としてすばらしいことをやり遂げたんだよ。

私と妹の進学クラスの友達は全員両親がそろっていて、お金には不自由をしていなかった。だから家庭教師を雇うにも苦労はなかったし、塾やなんかにも潤沢にお金を使えたんだ。

でもそんな進学クラスの恵まれた両親については気にしないでね。シングルマザーであることを恥じる必要はない。あなたの息子さんはもしかしたら聞いてくるかもしれない。「なんで僕の友達はあんなにめぐまれてるの?」って。でも私と妹は完全に理解していたんだ。お金を手に入れるために苦労して働かなければならない人と、お金が手に入る人に別れているって。それに個人的には、私は足りていないものなど無かったと思っている。お母さんは60時間以上週に働いていたけれどね。

私が言いたいのは、あなたがとても素晴らしいことをやり遂げたと言うこと。そして他の人にはあなたのことを決して馬鹿にする権利はないということ。あなたはスーパーママよ!

↑ (トピ主)ありがとう。とっても優しい言葉ね。私は今は理解出来てる。若くしてシングルマザーになったとしても、子どもを健康的で幸せに育てることが出来るって。面白いことに、数は少ないけど、私の知っている若い親から産まれた子ども達の中で、優秀か、もしくは人付き合いがとても得意な子がたくさんいるんだ。

私の友達の娘は、私の息子と同じ年だけどもう大人だよ。彼女は日々投げかける基本的な物事をすべて理解しているし、中学校レベルの読書もできるんだ。とんでもなく頭が良いんだよ。

あなたのお母様が素晴らしい価値をあなたに染みこませたというのは、本当に素敵なことだと思う。

教育とお金

私はシングルパパに育てられたよ。お金もあまりなかった。パパの年収は1200万円だったからね。私は小学3年の時に知能が高いと言われて、学校卒業時には学年430人中4位だった。そのまま勉強を続けてジョージア工科大学へすすんだ。

あなたが持っているもの、子どもに買ってあげられるものは無関係なんだ。ただそこにいてあげるだけで、彼の世話をするだけで彼の世界は変わっていく。約束するよ。

あなたはとてもすごいことをやり遂げたんだ。このまま頑張って、顔を上げて前へ進もう。

↑ 家での人生教育も同じように重要だよね。中学、高校に行っているときは、いつも何か遅れていると感じていた。わたしの両親は人生や世界のような大きな視点での知識にフォーカスしていなかったからだ。だから私はいつも「守られて」いて、それでとても恥ずかしいと感じていたんだ。

↑ 家での教育が学校教育と同じように大切だと気がついたということは、君の子どもが成功に一歩近づいたということだね。裕福と貧乏の違いはそれほど見られない。両親がどれだけ子ども達の教育に関わるかということが重要なんだ。教育の優先度を高くすることで、あなたの息子は大きな花を咲かせるだろう。

君と息子さんが幸せになりますように。

トピ主の更新

(トピ主)うわぁ。みんなありがとう。仕事から帰ってきたらこんなにたくさんコメントをいただいて。(訳注:1000以上コメントがあります)

あなた達の優しい言葉、コメントが本当にうれしい。これから掃除して晩ご飯を作らなきゃならないけれど、できるだけみんなにコメントを返せるようにするよ。今の私は笑顔で一杯で、みんなへの感謝は言葉にできないよ。

http://www.reddit.com/r/offmychest/comments/2lvkjo/my_sonss_teacher_is_putting_him_on_advanced/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. やさしい名無しさん より:

    いい話やったけど、「パパあまりお金なかた、年収1200マンだた」でoh…ってなってorzってなった…

  2. やさしい名無しさん より:

    アメリカの親戚も結婚せずに子を育ててるが、上の子が15歳で大麻やって学校を退学、その後男と駆け落ちで16歳で妊娠。どん底人生真っ只中。

  3. やさしい名無しさん より:

    >「パパあまりお金なかた、年収1200マンだた」
    ワロタwwwたしかにがっくりくるね。
    >>2
    これは壮絶だね。
    そういう子がもし立ち直って、子育てがんばってたら感動しちゃうな。
    でも難しそうだね。