【泣ける話】このガンを乗り越えてやる!そして伝えるんだ!すべてを失ってもいい。僕は全てを賭ける。君を手に入れるためなら【海外】

001
海外の掲示板で「小さな選択がその後の人生を大きく変えたことってある?」というスレッドが立てられました。

そこに投稿されたレスの一つをご覧ください。

riskeverythingさんのレス

全然知らない人に、ビッグベン(イギリスの時計台)の前で写真を撮ってとお願いしたんだけど、結局その人とヨーロッパを旅行することになって、別れて、彼女を探し出して、結婚して、世界中を見て回って、今幸せ。

↑ 詳しくお願い!

↑ (riskeverythingさん)そうか、じゃあ、ちょっと長い話になるけれど我慢して聞いてくれよ。


riskeverythingさんのストーリー

僕は3ヶ月の世界旅行に行くことになったんだ。7年間つとめれば、企業が長い休暇をくれるからね。それを利用しての旅行だった。

世界旅行はロンドンからスタートした。それでビッグベンにいったんだ。僕とビッグベンの2ショットが取りたかったんで、写真を撮ってもらおうと思い近くを探した。近くにいた男性に声をかけようとしたとこ、ちょうどその男性は芝の上に横になって目を閉じた所だった。

他に人がいないか探して新聞を読んでいる女性を見つけたので、彼女に写真を撮ってとお願いしたんだ。その後彼女と話をしたんだけど、彼女もロンドン初めてだったということが分かった。僕たちは一緒に町を見て回ろうと決めたのだけど、僕も彼女もどちらも方向音痴で道に迷ってしまったんだ。ロイズビル(金属で出来た珍しいビル)を10回くらい見てしまったよ。彼女はケベック市民(カナダ)で英語が苦手だったけれどおしゃべりだった。

次の日ビッグベンで会う約束をして別れたんだ。で次の日、ビッグベンで立ってたら、キレイな子が手を振ってくる。誰かと思ったら昨日の子だったよ。

彼女は英語を勉強しにロンドンに来たらしい。結局彼女は勉強から逃げて僕と一緒に旅をすることになった。僕たちはヨーロッパ中を旅したよ。一緒のテントで過ごして、パンケーキと安いワインでなんとか食いつないだ。3ヶ月間の光り輝くアドベンチャーだった。その後、僕たちは別れた。彼女はケベック市に戻ることになった。勉強を続けて単位を取る必要があるらしい。僕は僕で、地球の反対側オーストラリアでの仕事が待ってるし、修士号も取る必要があるからね。

僕はこんなに満たされた3ヶ月間を過ごしたことはなかったよ。これほどまでに幸せで、しかもそれをシェアできる仲間がずっと一緒にいたんだ。

彼女を心から取り除きたかった。僕の友達はみんなこう言う。「そんなのはひと夏の恋で終わるよ。長くは続かないから、忘れた方が良い」

その手の恋愛経験があった人がいて、もう一度再燃させようとしたけど失敗したとも言っていた。

彼女との旅はあまりにまぶしくて、その思い出を怪我したくなかったんだ。もう一回彼女に連絡して無様に迫ることで、旅の素敵な魔法を壊したくなかった。

だいたい一年後のことなんだけれど、僕は脇腹の一部が堅くなっていることに気がついた。医者に診てもらったら、悪性のガンと診断されてしまった。医師達の前に座って、こう思ったよ。「なんでこんなことが俺に起るんだ。まだ修士号も取っていないのに。」
医師にジョークをいって、笑い飛ばそうとしたけれど、医師はぴくりとも笑わなかった。「もしガンが体に深く食い込んでいたならば、余命1年です。」これが僕の人生の暗黒期間だった。けれど、これがきっかけになって僕の人生や、僕にとって何が大切かということについて深く考えることが出来た。

僕は病院に入院することになった。ガンを切り取るんだ。ベッドに横になって、僕は誓った。

「もし僕がこのガンから生還したら、そのときは彼女を探し出して結婚を申し込む。」

そして僕は、生き残った。

だから、誓いの通りに、別れ際に彼女と交換したアドレスへはがきを送った。誰かがそのはがきを見て、内容からそのはがきが重要だと判断したのだろう。彼女へすぐ届けてくれた。

それで、彼女は言ってくれた

「はい。よろしくお願いします。」

それから僕たちは10年間ずっと一緒にいるよ。今でも素敵な女性のままだ。初めて会ったときと同じくらい美しい。いまだに僕たちは方向音痴で、すてきな迷子を世界中のあちこちで経験しているよ。

だから、僕のハンドルネームは「riskeverything」なんだ。

彼女に送ったはがきには、僕が「riskeverything すべてを失ってもいい。僕は全てを賭ける。君を手に入れるためなら」というメッセージを持った写真を載せていたんだ。

暗い谷を通り抜け、そして愛する女性を手に入れることができたんだ。毎日がいとおしいよ。

海外の反応

● はい。映画化決定

↑ でもこれ、映画にしたら実話っぽくなくなるよ。

↑ だめ、爆発が足りません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする