【海外のうつ】カウンセラーのオフィスにこのポスターが貼ってあった。いくつの命がこのポスターに救われたかな【涙】

 うつ状態だと、「自分はだめだ。」「自分なんて死んだ方がいい。」そう思うこともあります。

あなたは今、元気ですか。

一所懸命、うつから逃れるためにネットを放浪し、本を乱読し、それでも駄目で、一人で泣いていますか。

つらくて、つらくて、倒れそうだったら、カウンセラーに頼ってくださいね。
でもその前に、これを読んでほしいな。

wZeK2vL

ある診療所の待合室に張られているポスターです。
それでは、ポスターの文章をご紹介いたします。

ポスター訳

わたしは、「助けを求められる」という言葉があまり好きではありません。

その言葉の「ひびき」が嫌いなのです。

誰かがわたしにこう言います。「死にたいです。先生。どうやって死ぬかも決めているんです。わたしはただ、死なない理由が欲しいのです。」その人が最後にみせるのは、どうしようもなく無力な姿。

あなたの「うつ」は長い間あなたのことを打ちのめしてきたのでしょうね。

「うつ」は、あなたのことを醜いと言い、馬鹿だといい、ミジメだといい、負け犬だといってきたでしょう。

あまりにも長い間それが続いたので、その「うつ」の言うことが間違っていると、分からなくなっているのです。あなたは自分には良いところなんてないと思っているでしょう。希望がないと感じているでしょう。

でも、それでも、あなたはここにいます。

あなたはわたしの所へいらっしゃいました。そこの扉を開けてこう言っているのです。

なあ、俺は生きたいんだ!心の底から生きたいと願っているんだ!戦うすべを教えてくれ!その木の枝だっていい!その木の枝をくれ、俺は生きたいんだ!」

この、どこが「どうしようもなく無力」でしょうか。これはすばらしいことです。あなたは戦士なんです。何年も敵に捕らわれていて、銃も取られて、銃弾も無いのです。栄養失調で、ジャングルで疫病に感染もしているのです。熱にうなされ、巨大な蜘蛛の幻覚を見せられているかもしれません。

それでもあなたは突き進んでるのです。

「おれに木の枝をくれ。おれはこんなところで死にたくない。」

「助けを求められる」という言葉では、わたしが、まるであなたに哀れみをかけているように聞こえます。しかし、あなたは哀れみを必要としていないのです。これは、ミジメなことではないのです。生きる意志なのです。こうやって、人間は生き抜き、他の種を圧倒してきたのです。

希望がなく、頼る物もなく、何百キロの危険なジャングルを木の枝一本で切り抜けようとしているのです。

わたしはただ、木の枝を渡すだけ。

あなたこそが、自分で自分を生かしているのですよ。

海外の反応

● これをシェアしてくれて、ありがとう。すてきな言葉だね。わたし、うれしくて泣いちゃいました。わたしの人生を、また別の面から見せてくれた。

ずっと、自分は悲しくて、ミジメで、こんなネガティブな考え方のせいで、自分のことがとても嫌いでした。そして自殺のことを考えるようになったのです。

でもわたしは生き残りました。ネガティブな感情から生き残ったのです。これからもずっと戦い続けます。そして生き続けます

↑ そうだよ。君は生き続ける。

うつのときの考え方がいかに間違っているか付け加えよう。想像して欲しい。君の親友、家族、犬や猫でも良い。彼らが大けがや失恋などの困難を切り抜けようとしているとしよう。その彼らに対して、君がこう言うんだ「自業自得だよ。いつだって不器用だったし、馬鹿なんだから」もしくは「まだあなたには早いのよ。これで証明されたでしょ。あなたは負け犬だし、これからもそうなのよ

もちろん君はそんなことしないさ。わかってるよ。君だったらこう言うだろう「大変だったね。骨折はつらいでしょ。できることがあれば、いつでもいってね。」もしくは、「あなたにはもっといい人が現れるよ。あなたは人をハッピーな気分にしてくれるし、それに男なんて星の数ほどいるでしょ。飲みに行こ!

そう。なんで私たちはいつも、前者のようなひどい言葉を自分自身にかけるのだろう。なんで私たちは自分自身の親友になってあげられないんだろう。

自分自身にやさしくするんだ。親友にするようにね。

もし君がSpotifyをもっているなら、Kristin Neffをオススメするよ。わたしのセラピストが彼女を勧めていたんだ。彼女はわたしの、自分自身にたいする態度を変えてくれたよ。

彼女のアルバムはそこに全部アップされている。瞑想のガイダンスもついているんだ。


● 私の「うつ」はいつも「私に価値がない」といってくる。そんな気持ちと毎日戦っているの。このフクロウさんの文章をよんで、安心できた。涙が出てきたよ。

↑ もうすでに読んでいるかもしれないけれど、デビッドバーンズの「嫌な気分よさようなら」を読むと良いかもしれないよ。これはとても効果的だよ。認知行動療法のセラピーブックだ。


● これを読んで泣いたよ。私は大変な量のプレッシャーに押しつぶされて、またうつになりそうだったんだ。どうしようもなくなったときは、このフクロウに木の枝を渡してもらおうかな。


http://www.reddit.com/r/GetMotivated/comments/279i5a/from_a_therapists_office_wall_has_apparently

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする