【健康】小脳がないまま24まで生きた女性【ニュース】

475fd150f1f084191596dbe77f61fb62_s


小脳がないまま24まで生きた女性が見つかる

<概要>
めまいと吐き気を訴えた女性が中国の病院で診察をうけたところ、彼女の小脳が欠損していることがわかった。
小脳は動きとバランスをつかさどっており、運搬や話す能力にも関係していると考えられている。
小脳の欠損は人間の基本的な活動を著しくそがいするが、この女性は動きと話すことに小さな問題があるだけである。
彼女の主治医は「想定よりも軽い症状だ」と説明している。

「このようなレアケースによって、脳が欠損部分をどれだけ補うことができるかということを理解できる。」小脳疾患の専門家は語る。

Woman of 24 found to have no cerebellum in her brain



このニュースに対する海外掲示板の反応をご覧ください。

● すごいねこれ。もっと知りたい!記事では、バランスと発音にすこしだけ問題があったと書かれてあるね。
脳のどの部分が小脳の代わりをやっていたのか気になるよ。
これって、彼女が生まれた時から小脳がなかったから脳の柔軟性が発揮されたのかな。
小脳切除を受けた人とはちがってさ。(重度のてんかんによる小脳切除とか。)


↑ 重度のてんかんで大脳切除を受けたひとは、数週間後には普通の生活にもどれるらしい。
今回のケースは90%足りていないということだから、小脳の主要機能は周りの健康な脳が受け持ったんだろうね。子供の頃に。


関係ないけど、ちょっと不器用な人たちのFacebookに「これっておまえのこと?」ってどれだけ書き込まれるだろうね。

↑ 数年前に脳梗塞になった知り合いがいた。その人は脳梗塞のせいで、脳の半球がダメになったけど、6-8週間で普通の生活にもどれたよ。でも、まえより自己中じゃなくなってたし、もっとリラックスするようになってた。おどろいたよ。

↑ 脳のダメージをうけたあとの性格変化はとても興味深いですね。それが生理的な原因なのか、心理的な原因なのかも現状はっきりしていません。

http://www.reddit.com/r/science/comments/2g3i2n/woman_of_24_found_to_have_no_cerebellum_in_her/ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする