僧侶とワタシとヨガ空間[海外掲示板]

ヨガを教えている先生の、瞑想に関する僧侶との問答です。
98b42f28abaa397efabf397b5c18a71b_s

僧侶とワタシとヨガ空間



(投稿者)

ワタシはヨガをおしえてるので。
で、そのうちの一つのクラスを仏教の瞑想部屋をかりてやるんです。

その部屋は常に窓が開いて
シャバサナ(寝っ転がるポーズ)のときに、僧侶たちがきて、
窓の前のテーブルでなにかしら作業してると、その音が聞こえてきます。
 ※ヤク中)シャバサナとは、10分から20分位寝っ転がる瞑想です。

窓の前のテーブルでは、果物の箱を開けたり、きれいななにかを作ったり、
ジョークをいったり。よく笑うハッピーなグループでした。

「お寺の一部が改装中だから、しかたなく瞑想部屋の前のスペースで作業してるの?」
ってきいてみたことがあるんです。

そうしたらこう返されたの。
瞑想が必要なときというのは、お香に満ちた静かな部屋にいるときではないんだよ。
って。

瞑想がひつようなときってのは、騒がしいオフィスや、うるさい自動車の音とか、言い争いをしている人たちの間にいるときだよ。
もちろん、沈黙の中で瞑想を実践するのもいいんだよ。
でもね、なんかじゃまなものがあるところで練習するのがもっといいんだ。

そしたらさ、本当に瞑想が必要なときにこそ、瞑想できるようなスキルが身につくでしょ。
キッチンの音、食器洗い機の音、ペッパピッグ(アニメ)のサウンドトラック、子供のうるさい声だったり。

わたしの知り合いの僧侶は、ワタシの背中にのったりします。
ワタシがポーズを変えようとしているとき(※)にね。そして笑うんです。。
※ヤク中)一部のヨガでは、ポーズを次々と変える流派があります。

そんなヨガのスペースは、ワタシにとっては最高の場所です。
ヨガの空間は、ワタシにとってとても神聖なんです。
静かでなくても、”完璧” ではなくても。

マットがあれば、そこがヨガのスペース。
どんなにあなたの周りがうるさくても、それ自体をうけいれれば。

(投稿へのコメント)

・私はいつも笑っちゃう。瞑想をするのに静かな所にいきたい!と言ってる人見ると。

・ほんとにその通りだと思う。
 わたしは、にぎやかな通りの横で瞑想してますよ。

・私は、電車の中で瞑想してるよ:-)  列車に乗ってからはじめます。 

・電車の中で瞑想するのがすき !

・電車の中でどうやって瞑想するん?ただ目を閉じて息するだけ??
 乗り過ごしそうでこわいねー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする