[海外ダイエット成功談]自分の外見が大嫌いだった。だから9ヵ月努力した。何をやったかシェアするよ[ビフォーアフター画像]

ダイエット成功談

写真とスペックについて

eKj5qYg (1)

fvg6GQu

  • 身長:180㎝
  • 年齢:30歳
  • ビフォー体重:109㎏
  • アフター体重:91㎏

まとめると

健康になろうと決意。30歳になる前に体型をもとに戻したかったので、何かやらなきゃならなかった。ウェイトリフティングとカロリー計算、そしてトレーニングをとにかく頑張った。特別なダイエットプログラムには従っていないよ。だれでもできるようなシンプルな方法でダイエットした。

概要

9ヵ月と少し前のことだったか、ふと鏡に映る自分を見て、自分の体型にぞっとしたんだ。29歳で、デブな男、無気力で、自信もない男がそこに映っていた。俺のエネルギーはとても低く、そのことが俺の家族、つまり妻や子供にも影響を与えていることはわかっていた。そんな自分にうんざりしたんだ。そして何かやらなければとついに重い腰を上げることになった。

フェーズ1:できるだけ早く脂肪を減らす

2015年3月‐2015年6月(3か月)

健康的なものを食べ、量を減らす

自分がデブだっていうことはよくわかっていたので、まず脂肪を減らすことを考えた。俺が使ったのはLoseItのアプリだ。口に入るものについてすべてのカロリーを記録した。オンラインのツールを使って、自分のTDEE(Total Daily Energy Expenditure:要するに一日の消費カロリー)を計算した。二週間に一回は計算しなおした。

ウェイトリフティング

ウェイトリフティングを何年かすでにやっている友達と一緒に、ウェイトリフティングをやるようになった。初心者用のルーティーンを教えてくれたよ。フェーズ1の間は、PPLをやった。(プッシュ、プル、レッグ:押す筋肉、引く筋肉、足の筋肉を鍛えるルーティン)週4日にそれぞれの筋肉群を鍛えた。

かるい有酸素運動

一週間に2、3回、軽い有酸素運動を15分程度やった。心肺の健康のためと、ダイエットのためだ。

栄養

200gのタンパク質を一日に摂取するように気を付けた。炭水化物、脂肪は量っていない。

カロリー

1800 - 2000カロリーを一日に摂取するようにした。

チートミール

7-10日に1日、チートミールを用意していた。チートデイじゃないよ。(チートデイとは、ダイエット中にストレスがたまるので、何日かに一度好きなものを食べられる日を用意しておくこと。このトピ主の場合、チートデイではなくチートミールなので、チートデイの中でも3食のうち1食だけ好きなものを食べていたようです。)

このフェースでの最終的な体重

90㎏

qAuCPNy

フェーズ2:筋肉をつける

2015年6月―2015年8月(3か月)

とにかく食べまくった

食べるのは好きなので、このフェーズはやりやすかった。もしかしたら体重をこのフェーズでつけすぎたかもしれない。

カロリー

3300-3500カロリーを一日に摂取した。

栄養

220g-250gのタンパク質を一日に摂取するように努力した。残りの炭水化物、脂肪は特に気にしなかった。

ウェイトトレーニング

パワーが有り余っていたので、週4日から5日に増やした。このフェーズではとても筋力がアップしたよ。たくさん食べたおかげもあるし、友達が正しいフォームでトレーニングできるように手伝ってくれたからってのもあるね。

有酸素運動

なし

このフェーズでの最終的な体重

105㎏

7Kl16eu

フェーズ3:体重を落とした

2015年10月―2015年12月(3か月)

カロリー

1800-2000カロリーを一日に摂取。チートミールは7-10日に一回。

筋力の維持

自分なりのルーティンも出来上がった。いまはPPLトレーニングの派生バージョンをやっている。

有酸素運動

一週間に一回の有酸素運動をやっていた。けど、たびたびスキップしたよ。

今の体重

91㎏

あと、7㎏痩せる予定。

モチベーションを保った秘訣

自分が間違っているということを確かめたかった。

ずっとデブだったので、俺はデブなんだと受け入れてきた。だからダイエットにかんして何かやっても無駄だって思っていた。気持ちを落ち着かせるためにご飯を食べていたし、ストレスがあるときに食べていた。

服を買いに行くときはいつもつらかった。自分にぴったりの服なんてあるわけないことをわかっていたから。写真にとられるのも嫌だったし、恥ずかしく思っていた。

だから、俺はただ、こんな自分を変えられるってことを自分に証明したかったんだ。これがダイエットのモチベーションだ。

自分の学んだことは

失敗はOK

なんども失敗したと思ったことがある。でも、自分がなんでダイエットをしているかを常に思い出して、次の日にはまたちゃんとダイエットするんだ。これはマラソンなんだ。短距離走じゃない。

失敗してもまた立ち上がって、前に進めばいいんだ。

高いものも複雑なものも必要ない

ダイエットをするのに特別なことは何も必要ないんだ。フィットネスのイントラや、ダイエットサプリメントを売っている企業、ダイエットの秘密を売っている企業なんかは、単純にお金が欲しいだけだ。確かに役に立つものもあるかもしれないけれど、ジムで動くよりましなものはないだろう。

「自分で決めたことをひたすらやり続ける気持ち」が大切。あとはバランスのとれた食事だ。特別なプログラムに従う必要はない。

ダイエットのコツ

毎日体重をはかる

たくさんの人が、「毎日体重をはかるな」と言っている。だけど、俺はこれを進めるよ。毎日体重をはかることで自分の体により親しみを感じるようになるし、自分のやったことがどうやって体に影響がでるかよくわかるようになる。

週2回は写真を撮る

ダイエットの進み具合を知るために、週二回は写真をとること。体重計だけだとダイエットの進み具合を知るのに十分じゃない。俺のビフォーアフターを見ればわかるが、体重が同じでも全然違う体型になっているのがわかるだろう。もし体重計だけに頼っていたら、たぶんダイエットのやる気をなくしてしまっていたと思う。


https://redd.it/3yxetl

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ