【海外の泣ける話】まな板をプレゼントされた10歳の少年、でもパパとママは貯めたお金で、すばらしいプレゼントを用意していた!【涙】

Untitled
2分53秒の動画です。言葉は分からないかもしれませんが、見れば何が起きているかは理解出来ます。

いいパパさん、ママさんですね。
でもなにより、この子は本当にいい子だとおもう。

セリフの翻訳は下の方にあります。

海外の反応

泣いたけど。

感動で涙を流しているところに、急にパパさんの乳首がうつった。。。

↑ パパの乳首、彼、カメラ持ってるからね。。。

↑ これ見た後、「そりゃそうさ。パパっていうのは上着を着ないもんだ」って自分を納得させたよ。

翻訳

子ども:うゎぁ!まな板だ!(タブレッタ/タブラ = まな板)

パパ:どうかな?

子ども:うれしいよ!肉をおいてナイフで切れる!フォークが足りないだけだ!

パパ:そうだね。プレゼントのカードにはなんて書いてある?

子ども:もう読んだよパパ「バーベキューをナイフをつかって食べられますように。パパとママの愛を込めて」ありがとうパパ!ママ!

ママ:あなたはどのフォークを使っても良いのよ。(ハグ)愛してるわ。

ここで別のプレゼント

パパ:なんて書いてある?

子ども:ポクシランをもう使わなくていいように(ポクシランとは、スニーカーにつけるのり)スニーカーだ!もうポクシラン使わなくて良いんだ。。。

それから彼は靴箱の中にタブレットが入っているのを発見して、泣いてしまう。

彼は最初のプレゼントのときも本当に嬉しそうな表情を作ろうとしてた。本当にいい子だね。

↑ おもしろいのは、これはダジャレだってことだね。まな板=タブレラとタブレットをかけてるんだ。彼は、タブレラ(まな板=タブレッタの略)と、タブレット(スラングでタブレラ)を手に入れたんだ。

↑ おおおぉぉぉぉぉぉ、いいねこれ。

↑ 説明ありがとう。これでこのシチュエーション全てが理解出来る。

↑ (トピ主)翻訳ありがとう!

↑ かなしくなるなぁ。僕のこの国では、まな板やスニーカーだけで大喜びしてしまう子どもがいるということに。

↑ 彼は、とても優しい子どもなんだよ。まな板でも喜んで見せてるんだ。投げ捨てて怒りのあまり部屋を飛び出して行く子もいると思うよ。

スニッカーズ?スニーカー?

でもなんでスニッカーズ(snikers アメリカのお菓子)なんだ?グーグルでいろいろ探したけど、どこからスニッカーズが出てくるのか理解出来ないんだ。

↑ 靴箱の中にスニーカー(sneakers)があると考えたんだね。

↑ スペイン語で、スニッカーズ(snikers)はスニーカーのことなんだ。

甘やかされて育った

おれって、相当甘やかされて育ったんだなぁ。

↑ 俺たちのほとんどがそうだと思うよ。

↑ 全くその通りだ。彼を見てみろ。ブランドとかどのモデルか気にしていないだろ。彼は理解してるんだ。彼の両親がこのプレゼントのためにどれだけのことをしてくれたのか。だからすぐに喜びを表現しているんだよ。本当にいい子だ。それにしても、なんでこの部屋はこうもほこりっぽいんだ。もうさっきからホコリが目に入って涙が止まらないよ。

↑ おれの目にもゴミが入って、どうにもならん。

↑ 彼が新しく手に入れたまな板で、タマネギを切り始めたから目がしみるよ。

http://www.reddit.com/r/videos/comments/2ndkp3/10_yearold_santiago_receives_a_cutting_board_from/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ