悟ったけど何か質問ある?

98b42f28abaa397efabf397b5c18a71b_s

スレッド情報

  • スレッドURL: http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/keihatsu/1407081340/

管理人:悟りとは悩みとか苦しみがない状態のことです。

1: 名無しを整える。 2014/08/04(月) 00:55:40.74 ID:5wCE0jhf.net

悟りなんて正直たいしたことじゃないよ。
悟った奴と悟ってない奴がいるんじゃなくて
悟りレベルの高い奴と低い奴がいるだけ。カンストはない。
つまり俺もお前らとそう変わらないわけだけどそれでもよければ質問に答えるよ。

3: 名無しを整える。 2014/08/08(金) 14:20:06.72 ID:FKLVSx1k.net
俺も一時期は悟った、などとうぬぼれてたことがあったわ。
しかしそれは間違いだった。悟りなんてものは普通の人には到底なしえないこと。
やることすべてやり終えて即身仏になろうと思ったのなら悟りに一番近づいたといえよう。
そして死んだら悟る。

4: 名無しを整える。 2014/08/10(日) 00:19:31.81 ID:bM/kmtba.net
完全に悟るなんてことは普通の人どころかどんなに凄い人でも無理だろうね。
でも誰だっていろいろなことを経験して少しずつ悟りながら生きているんだよ。
重要なのは自分も他人も完全にではないにしろ何かしら悟っていることを理解して
悟っている誰かから積極的に学ぼうとすること。そうすれば悟るスピードがぐんと上がる。
やること全てやり終えるなんてことはない。
生き物は欲望で生きているんだから何かをやり遂げればまた他の何かに挑戦したくなる。

あと死んだらそこで終わりだよ。脳味噌の機能が停止したら悟れないじゃん。
死後の世界とか輪廻転生とかそういうのは抜きでの話だからね。
そういう話がしたいなら最初から宗教板に立てるよ。

5: 名無しを整える。 2014/08/10(日) 02:01:52.24 ID:IOHN8cjR.net
死んだら終わりなどと短絡的に考えている奴って、昔で言う地球平面説を唱えていたやつと全く同じだな。
地の果て、時間の果てなんてない、とみなせば、そこで思考が停止する。つまり、悟りもそこで終了というわけだ。

6: 名無しを整える。 2014/08/11(月) 00:26:37.46 ID:Tbhu5LAy.net
なるほど確かに。自分に死後の世界を証明できるだけの知識がないからって
その存在を否定するのは早計だったわ。サンクス。

でも、あると仮定しても死んだら体験できないことってたくさんありそうじゃん。
もちろん死んでから体験できることもあるかもしれないけど。
だったら今は今体験できることをたくさん体験してどんどんいろいろなことを学んでおいたほうがよくね?
死んでからもそれが学べるとは限らないんだしさ。

輪廻転生パターンだとちょっとわからないな。
実際、前世で学んだことを覚えている人なんてほとんどいない。
生まれ変わるたびに今までの体験全部リセットされてたら悟るなんて無理ゲじゃね?

7: 名無しを整える。 2014/08/11(月) 01:06:26.94 ID:ieW2vTxs.net
死んだらどうなるか、なんてことは、死ななきゃわからんことだろう。
しかし、どうなるか予測することは可能。
まず、よく言われる、死んだら終わりというのは、論理的におかしい。
論理というのは、原因があって結果があるもの。
従って、原因がないのに突然、生まれ、突然死ぬということ自体がおかしい。

基本的に時間は空間と同じとみなしてよいだろう。つまり、時間も空間と同じく球体とみなすべきなのだ。
地球を歩き続ければやがて元のいる場所にたどり着く。同じように、時間も未来の先は過去につながる。

たとえば東京―大阪を、人生の初めと終わりとしよう。たしかに、今の自分はそこで終わる。
しかし、今の自分が消滅したら、別の区間を選び、その区間を歩むことになるだろう。
どの区間になるかは、おそらく今の人生によって決まる。全く同じ区間を再び歩む可能性もある。
そのように考えると、生まれ変わりや輪廻転生といったことも、あながち間違ってはいない。

8: 名無しを整える。 2014/08/11(月) 01:28:21.36 ID:ieW2vTxs.net
生まれ変わるということは、全く別の新しい生物に生まれ変わるということではない。
たとえば、「私」が死んだら、今見ている「あなた」に生まれ変わるかもしれないし、その逆もあり得る。
つまり、自分の人生というのは、はるか先を行けば、他人の人生とつながっているということだ。
東京―大阪間を自分の人生、名古屋―長野間を他人の人生としよう。
大阪の先をずっといけばやがて名古屋にたどりつく。そこから名古屋―長野間の人生が始まるというわけだ。

しかし、最大の謎は、なぜ自分が、東京―大阪間、名古屋―長野間を「選んでいる」のかということだ。
一つの仮説としては「選んでいるわけではない」ということになる。
この場合、本来はすべて同時に起こっているのだが、それを自分が認識できないだけ、ということになる。
つまり、意識が一つしか認識できないのは、肉体が一つしかないからである。

10: 名無しを整える。 2014/08/12(火) 00:00:59.28 ID:eCjp1izd.net
うーん、まあいいけどさ、俺が言いたいのは死ななきゃわからない、あるかどうかすらも定かじゃない死後の世界よりも
今生きているときを有効に使おうぜってことなんだ。
死んだ後のことばかり考えていて、いざ死んでみたらそんなものありませんでしたなんてことになったら虚しくね?
死後の世界があるかどうか、あるとすればどうなっているかって話は別のところでやろうな。

よく自分が生まれた理由なんてのを欲しがる人がいるけどそんなの単純だよ。
偶然自分と同じものを増やす能力を身につけた有機物がどんどん増えて
その中で偶然増えやすい特徴を備えたやつがさらに増えて偶然に偶然を重ねた結果今の人間が生まれた。
そしてその中の一つが俺ら。それだけ。
増えるものが生き残った。だから増えた。
生まれた理由はそれだけだけど、生きる理由なら別にある。
この異常に進化した脳味噌を使えばいろいろな知識を蓄え、物事を分析し、楽しむことができる。
だから楽しもうぜ、せっかく偶然持って生まれた能力なんだから使わなきゃ損ってことだな。

11: 名無しを整える。 2014/08/12(火) 10:13:08.08 ID:fcgovtJv.net
本来、「悟った」のならば、生きる前、死んだ後のことも知っていなければならないんだけどね。
でなければ「悟ってない」。

12: 名無しを整える。 2014/08/12(火) 12:27:35.31 ID:3+E248XJ.net
死んだあとの事なんか分かるわけねえだろ

13: 名無しを整える。 2014/08/12(火) 12:37:52.17 ID:fcgovtJv.net
宇宙のこと?行ったことがないから分かるわけねえだろ。
戦国時代のこと?その時代に生きてないんだからわかるわけねえだろ。
死んだあとのこと?行けないし死んでるからわかるわけねえだろ。

わからないことだらけかよ。推論できない馬鹿はすっこんでろ。

15: 名無しを整える。 2014/08/12(火) 23:37:40.67 ID:0GEFxYCl.net
>>13
推論したとこで結局わからんのんだから偉そうに言うなよ

17: 名無しを整える。 2014/08/12(火) 23:58:03.38 ID:b6trOmGs.net
はっきりとした事実から導き出される答えとは違って、推論から得られる答えはその人によって違う。
もし>>13が他の誰かの推論に基づいた自分とは違う答えを突き付けられたら、やっぱり「馬鹿はすっこんでろ」って言うだろうね。

推論が良くないとは言わない。
想像力を膨らませていろいろな可能性を考えてみるのは、どうせわからないと思考停止してしまうよりもずっと楽しい。
推論の面白いところは他人と自分とでは全く別の考え方が生まれるところだ。
そこは喧嘩するところじゃない、楽しむところなんだよ。

21: 名無しを整える。 2014/08/14(木) 00:11:47.75 ID:zOP9yfEm.net
>>18
ID見ればわかると思うけど>>14>>17だよ。

どんなに頑張っても知ることができないというのは、例えば事象の地平面の向こう側とか現在の技術では情報を持ち帰ることができないもののこと。
「悟り」は物事を正確に知り、自分の感情で歪めずにそのまま理解し、よく噛み砕いてから飲み込み消化吸収して自分の成長の糧にすること。
繰り返しになるけど「悟った状態」と「悟っていない状態」があるんじゃない。「よりたくさんのことを悟った状態」や「少しだけ悟った状態」があるということだ。
そしてどんなに頑張っても知ることができないものがある以上「完全に悟った状態」になるのは今の人間には不可能。

死後の世界イコール宗教だとは思っていないけれど、どうも今までのレスを見ていると妄信的すぎるような気がしてね。これは宗教の人かなと「推測」したんだ。間違っていたなら謝るよ。
つまり>>13の「馬鹿はすっこんでろ」は宗教的な理由で神の教えに従った結果出てきた言葉ではなく、単に自分の価値観を否定されたことに腹が立って出てきた言葉なわけだ。
自分と違う価値観を持つ人は全員馬鹿。だとしたら俺も馬鹿だからすっこんでないといけないね。

これは俺の「推測」なんだけれど、あなたは自分の外側の世界から何も得ようとしていない。自分の内側の世界だけがあなたにとっての真実だ。あなたの世界の中ではあなたはすでに悟っている。
そんな人に外側の世界の「あなたと違う価値観を持つ馬鹿」が何を言っても無意味だとは思うけれど一応「あなたの求める悟り」に到達するためのアドバイスな。

誰にも邪魔されないところであなたの大好きな推論を使ってあなたの考える完璧な世界観を作り上げよう。
その世界観に一切の矛盾や不明な点がなくなったとあなたが思ったとき、あなたは世界の全てを知り「完全に」悟ることになる。
完全に悟ったあなたの世界観には外側の世界から入ってくる新しい情報など必要ない。邪魔なだけだ。
不快な情報をシャットアウトするには自分の部屋に閉じこもり外に出るのをやめることが一番。テレビもインターネットも捨ててしまおう。
飢え死にしたとしても何も問題はない。あなたはやるべきことをやり終えたのだから、死はさらなる悟りへのプロセスに過ぎない。

どうかな?もしあなたが「あなたと違う価値観を持つ馬鹿」のアドバイスでも何でもないただの皮肉を最後まで読んでしまうほど悟ることに執着しているのなら多分気に入ってもらえると「推測」するよ。

23: 名無しを整える。 2014/08/14(木) 01:59:34.36 ID:A1rlyCmK.net
>>21
つうかさ、お前さんは物事を勝手に決め付ける癖があるようだね。
死後の話をしただけで宗教の人になるし。
「馬鹿はすっこんでろ」と言っただけで「自分の価値観を否定されたことに腹が立って出てきた言葉」になる。
「馬鹿」が何を意味してるのかわからんの?
あるかないかわからんことを「ない」と言ってしまったらそこで終わりなんだよ。そんなやつが「悟る」なんてあり得ない。
だから「馬鹿」と言ったんだよ。悟れよ。
>>18に書いてあるような本質的に無いものを「ない」というのは問題ない。
そういう「ない」は、ないことを「否定できない」からすぐにわかる。

> 「悟り」は物事を正確に知り、自分の感情で歪めずにそのまま理解し、よく噛み砕いてから飲み込み消化吸収して自分の成長の糧にすること
あのさ、頓珍漢な「推測」をし、感情的になって皮肉を言うようなやつがよく言えるよな。
お前さんが「悟る」なんてほど遠いんじゃねえの。まあ、頑張ってくれや。

26: 名無しを整える。 2014/08/15(金) 00:24:42.72 ID:Onq+XM6x.net
>>23
まさか本当に最後まで読んでご丁寧にレスまでくれるなんて思わなかった。正直ちょっと引いたわ。
真面目なんだね。お疲れ様。

>>24
宇宙には果てはないけれど有限だという説があるんだけど、その例え話で球体が使われることがあるよ。
時間も縦、横、高さと同じ座標の一つだという考え方もある。
両方とも仮説だけどね。

>>25
これでも随分削ったんだけどなあ。

14: 名無しを整える。 2014/08/12(火) 23:32:15.09 ID:b6trOmGs.net
今の自分ではどんなに頑張っても知ることができないものがあるということも知る必要があるよ。
何かを結論づけるために必要な証拠がないのに推測だけで「知ったつもり」になってしまうのは新しい知識を吸収する妨げになる。
宇宙のこと、戦国時代のことにはそれを裏付けるために十分なだけの証拠がある。
死後の世界だって証拠を持ち帰るのが難しいだけで、この先研究を重ねていけば将来的には決定的な証拠が見つかるかもしれない。
でも今のところはただの推測でしかない。
仮定の上に仮定を重ねる考え方も面白いけれど、仮定は仮定に過ぎないことも忘れちゃいけない。
仮定にこだわるあまり別の可能性を完全に否定してしまうのは自分で自分の思考の及ぶ範囲を狭めるだけ。

ちなみに俺は無神論者だよ。そして宗教を信じている人には俺の言いたいことは多分理解してもらえないと思う。
↑の別の可能性を完全に否定するっていうのはイコール信仰心だし、別の可能性を否定するのをやめてしまったらそれは信仰を捨てるってことになる。
宗教を信じている人に信仰を捨てろとは言えない。
だってもし本当に神がいた場合、俺の戯言を聞いたせいで地獄に落とされたとしても責任は取れないからね。
でもそういう人には宗教板に行ってくださいとしか言えない。
宗教やオカルトが絡むとややこしくなるからこの板に立てたんだけどなあ。

19: 名無しを整える。 2014/08/13(水) 10:52:02.61 ID:IWfNiOnh.net
釈迦だって死後の世界は存在するなんて言ってない

22: 名無しを整える。 2014/08/14(木) 00:18:30.93 ID:zOP9yfEm.net
>>19
そういう説もあるらしいね。
悟ったはずの釈迦が死後の世界の有無について何も言わなかったとすれば、言う必要がないと思ったのか、それとも「わからなかった」のか…

>>20
初めて聞いた。サンクス。
とりあえずググってみたけれど人によって意見が違いすぎてよくわからない。
小悟の積み重ねが大悟になるって意見もあるし、大悟が本物の悟りで小悟は偽物の悟りだって意見もあるね。

24: 名無しを整える。 2014/08/14(木) 06:06:11.39 ID:ZiE/slCe.net
死んで脳が停止した後にどうやって意識が存在するんだよ
空間が円形ってなんだよ
空間と時間が同じってなんだよ
ただのキチガイか

31: 名無しを整える。 2014/08/17(日) 11:41:19.51 ID:Ggc3oIOe.net
必要以上にたくさんの言葉をつかって
私は悟ったという人間は悟っていない。

悟りは言葉に還元できないのが本質だから
悟ったことで多弁になるのは矛盾にほかならない。

33: 名無しを整える。 2014/08/17(日) 22:44:09.02 ID:1y7ONwuT.net
釈迦めっちゃ説法してるぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ